News

TO SEE Archive:19
logsee exhibition

2020.7.23 thu — 8.10 mon

Special exhibition / TO SEE Archive:19

企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』

企画展《TO SEE Archive:19》
logsee 展
『ヒトカクトヒカク』

2020.7.23 thu — 8.10 mon

京丹波を拠点に製作する石黒幹朗と石黒由枝によるレザーブランド、logseeの独創的でユニークなコンセプトをタイトルに掲げたエキシビションを開催します。
革製品を手に取る時、革は元々皮であったという事をほとんどの人はあまり意識をしないでしょう。タイトルの『ヒトカクトヒカク』には中身を覆っている[]と、皮をなめしてえられる[カク]と、生皮から革までを含めての総称の[皮革ヒカク]又は、皮と革をくらべる[比較ヒカク]という言葉の羅列に作家の意図が込められています。その熱誠は、作家自らが生皮からなめしていく過程で、皮と革の間の曖昧な境界線でゆらぐ素材の魅力を形にした「uun」と、革の可能性を、実用性と遊び心でデザインに秘めた「LO」の2つのシグネチャーラインから溢れ出ている。
logseeの作品を知ることは、宿っていた命の息吹を感じ、これまでのプロセスと皮革に刻まれた痕跡を辿る行為に近いのかもしれない。このエキシビションがただただ、目の前にある美しいモノの尊さと感動を覚える場所になれば嬉しく思います。

※展示の「uun」と「LO」の作品は全て販売(一部は受注販売)いたします。


◆作家在廊日:7月23日(木) 、8月2日(日)、10日(月)
※ 上記以外の日程は決まり次第、弊社instagramやHPで随時告知いたします。
 終日在廊ではない場合もございますのでご了承ください。


Profile:
logsee ログシー
京丹波を拠点にする『logsee』は、“皮から革になる”“革から皮に目を向ける”という、二方向の世界観から生まれた「uun(ウウン)」と「LO(エルオー)」の2つのラインを軸に革製品を製作するブランド。
石黒幹朗による「uun」は、作家が自ら皮をなめし、革になるまでの過程で変化していく表情や状態を活かした実験的かつウィットに富んだ発想から作品を創造する。
石黒由枝による「LO」は、最高級革を扱うオーダーメイドで培った技術に裏打ちされた構築的で洗練された形の中に、実用性と遊び心を秘めたミニマルなデザインが特徴。


http://logsee.net


<ご協力のお願い>
・咳症状や発熱がある場合は、来店をご遠慮ください。
・必ずマスクの着用をお願いいたします。
 着用されていない場合は、ご入店をお断りさせていただく場合がございます。
・入り口に除菌グッズを設置いたしますので手指を消毒後ご入店ください。
・混雑時は入店制限(コーヒースタンドの座席は5名様まで)させていただきます。
 その際には店外でお待ちいただくか、時間を置いて再度ご来店ください。
 ご希望の方にはお電話番号を伺い、混雑が緩和した際にお電話いたします。

  • 企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』
  • 企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』
  • 企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』
  • 企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』
  • 企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』
  • 企画展《TO SEE Archive:19》 <br>logsee 展<br>『ヒトカクトヒカク』

TO SEE Archive:18
Tetsuya Ozawa Solo Exhibition

2020.6.6 sat — 6.21 sun

Special exhibition / TO SEE Archive:18

企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition

企画展《TO SEE Archive:18》
大澤 哲哉 陶展
Tetsuya Ozawa Solo Exhibition

2020.6.6 sat — 6.21 sun

愛知県・常滑市にて制作を行う陶芸家・大澤哲哉の個展をCommunity Store TO SEEの2階ギャラリーで開催します。
クラックのようなテクスチャーを表面に纏い、シンプルながらも堂々とした佇まいの作品は一見で心掴まれる魅力があります。本展にはシグネチャーの白と黒に加え、まとまった数をあまり見ることができない赤や黄色のラインナップも揃いました。
なおCOVID-19の世情考慮と作家のご協力もあり、実店舗での展示と合わせて一部の作品をオンラインストアでも販売いたします。この機会に、来店が困難な方や普段は大澤さんの個展がお近くで開催されない地域の方など、多くの皆様にご覧いただけましたら幸いです。ギャラリーでの開催にあたりましてはしっかりと感染予防および感染拡大防止に努めてまいります。ご来店の皆様にも対策をお願いいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

※オンラインストアでの販売開始は別日程のため後日発表いたします。また作品も個展の一部のみとなります。

※オンラインストアに掲載されていない作品の通信販売は承っておりません。

※SNS等でアップされた作品に関してのお問い合わせはお受けしますが、予約等は承っておりません。


Profile:
大澤 哲哉 Tetsuya Ozawa
1984年、岐阜県多治見生まれ。2008年に名古屋芸術大学美術学部造形科卒業後、吉川正道氏に師事。2015年から愛知県常滑市にて制作活動中。

https://www.tetsuyaozawa.com


<ご協力のお願い>
・咳症状や発熱がある場合は、来店をご遠慮ください。
・必ずマスクの着用をお願いいたします。着用されていない場合は、ご入店をお断りさせていただく場合がございます。
・入り口に除菌グッズを設置いたしますので手指を消毒後ご入店ください。
・混雑時は入店制限(コーヒースタンドの座席は5名様まで)させていただきます。
 その際には店外でお待ちいただくか、時間を置いて再度ご来店ください。
 ご希望の方にはお電話番号を伺い、混雑が緩和した際にお電話いたします。

  • 企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition
  • 企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition
  • 企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition
  • 企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition
  • 企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition
  • 企画展《TO SEE Archive:18》 <br>大澤 哲哉 陶展<br>Tetsuya Ozawa Solo Exhibition
TOP